法要について① 初七日法要から忌明け法要まで | 富里中央霊園

富里中央霊園ロゴ

開園時間 9:00~17;00

TEL:0476-92-5577

管理事務所定休日 毎週木曜日
定休日もお参りは可能です

法要について① 初七日法要から忌明け法要まで

初七日法要はいつおこなうの?

 本来は亡くなった日を入れて7日目におこなう最初の法要です。
 しかし最近では、ご葬儀当日に遺骨が戻ってきたところで、引き続き初七日法要を営むことが多くなりました。初七日法要には特に難しいしきたりはありません。遺骨と遺影を祭壇におまつりし、親戚やお世話になった方々を招きます。そして僧侶に読経をお願いします。読経終了後、料理等で皆さんをおもてなしします。

中陰・忌中法要とは?


 仏教では一般に四十九日の忌明け法要の日までを中陰と呼び、この期間は結婚式などの祝いごとへの出席は控えるようにします。
 また、この間に営まれる法要を忌中法要と言い、初七日からはじまって、14日目の二七日(ふたなぬか)21目目の三七日(みなぬか)と7日おきにつづきます。そして49目目の七七忌(しちしちき)で忌明けとなるわけです。