お墓の歴史 | 富里中央霊園

富里中央霊園ロゴ

開園時間 9:00~17;00

TEL:0476-92-5577

管理事務所定休日 毎週木曜日
定休日もお参りは可能です

お墓の歴史

 日本には古く縄文の時代から死者を埋葬する習慣があり、弥生時代には甕棺(かめかん)・木棺・石棺などに納め、埋葬されるようになりました。さらに、古墳時代には、仁徳天皇陵に代表されるような、権力者の巨大な古墳が造られるようになっています。

 七世紀の大化の改新では「薄葬令」とよばれる詔が出されています。この詔は葬儀や墓について、細かく身分ごとに定めたものです。

 その後は鎌倉時代から室町時代にかけて、位牌と戒名が中国から伝わりました。その影響からか、位牌型の板碑や今日の墓石に近い角柱型のものもつくられるようになりました。江戸時代になる人々はいずれかの寺の檀家として登録させられるようになりました。いわゆる檀家制度のはじまりです。先祖に対する供養や葬儀、墓など仏事が生活の中に定着し、庶民の仏教に対する信仰が確立したのはこの檀家制度に負うところが大きいのです。